| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
息も、できない。

 

 

死んでもいいって、思ってた。

 

 

 

それは死んでも後悔しないって意味かもしれないし

 

 

 

一度は死んだようなものだなんて意味かもしれないし

 

 

 

死んでもいいと思えるような誰かがいたせいなのかもしれない。

 

 

 

二度目の、死。

 

 

 

息を漏らす事すら躊躇われる、張りつめた空気。
危険が飽和して破裂してしまいそうな緊張感を作り出していたのは、目の前の男が構える一挺の銃。
その引鉄に手をかけずとも、この指が一本、足が一歩、肩が一度傾くだけで、導かれた死に火が点いてしまいそうだった。

 

 

 

記憶に生温く膜を張る、それでもまだ新鮮な今日起きた出来事。
それが夢か現かわからず脳裏で反芻される内、先程から、そしてこれから自分が確認しようとしている事が途端に馬鹿馬鹿しく思えて、どうにも一人で座るこの空間が居心地悪く、馬車の窓を開けた。

 

 

 

それから意味もなく、足を広げて大仰に腕を組む。
自分でそう思うくらいだから、本当に意味はないのだ。

 

 

 

「オレは、今日、また、死ぬかもしれなかった」

 

 

 

一言、一言、噛みしめるように言葉を放り投げてみる。
その独り言が随分と大きく響いたような気がして、一層恥ずかしくなった。
うなだれて、ふぅ、と嘆息を漏らす。

 

 

 

「いや・・・さすがにあそこで死んじゃあ・・・ダメだろ」

 

 

 

『愛を勘違いした男、拳銃片手にシスターに求愛を試みるも、某伯爵家次男に誤射』ではオレの命も浮かばれない。
さすがにそれは、ごめんなさいシスターと言った所で怒られるだろう。
よしんばあの世とやらに行ったところで、なんで連絡も寄こさずにいきなり来るんだよ!少しは人の迷惑も・・・って父上は言わないか。

 

 

 

満天の星に彩られた静謐な夜。
馬車はいつもの行程より幾分か速く、目的地へと走っていく。
急遽別件ができたためだ。
決して恥ずかしくなってアルセーヌから逃げてきたためじゃない。

 

 

 

各々の思惑が様々な誤解を生み方々に乱反射していった今回の一件。

 

 

 

エリスは、無事だった。
修道院の皆も、無事だった。
オレは・・・結局何もしてないが無事だった。

 

 

 

命を惜しんでいるわけじゃない。
一度と言わずもう何度も拾われた命だ。
オレの命が誰かの命を拾う事もあるだろう。

 

 

 

「でもまぁ・・・軽挙は控えよう」

 

 

 

泣きながらであれ、笑いながらであれ。
おかえり、と迎えてくれる幼馴染み達がいる。
少し、自分も大事にすることにしよう。
じゃないと・・・アルセーヌ流の、あの少々手荒な体当たり付きの再会を喜べないから。

 

 

 

・・・ん?

 

 

 

空気が、張り詰める。
目の前で銃を突きつけられる、それに勝るとも劣らない、死の予感。
想像するだけで身が灼けるような緊張感を生む。
一日に二度もこんな気持ちを味わうなんて。

 

 

 

こくり、と喉が鳴る。
その音が、確かに聞こえた。

 

 

 

「・・・ガルトの場合も・・・なのか?」

 

 

 

・・・おかえり、まで生きていられるだろうか。
徐々に深まる夜陰の中、そういえばコレットがガルトとの再会を楽しみにしていたよな、と何度も頷いた。

17:00 ゲスト クライド・ハンニバル・ドーソン comments(0)
Fulfilling Days

 

 

 

 

仰る通り、確かに無謀でした…

 

でも、あの時は必死だったんです

 

 

 

 

額に銃を突きつけられているシスター・ミーシャ

いつ引き金が引かれるのか判らない緊迫した状況なのに

 

 


  …撃てるもんなら、撃ってみな!…ほら撃てよ、撃てってば!!

 

  こうなったら道連れだ!その引き金を引くのと同時に

 

  テメェの喉笛、この手で引き裂いてやる!!

 

 


僕はクライドさんの腕を振り切って、飛び出していた

 

震える手や脚…でもミーシャさんが犠牲になると思ったら勝手に体が動いた

あの一瞬で何もかも覚悟したけれど……

 

 

揉み合って銃を奪うことが出来て…良かった…


シスター・ミーシャが無事で本当に良かった

 

 

 

 

 

せっかくクライドさんが来て下さったのに

 

あの事件の日はたくさん話ができなかったから…

 

今度はもっと話ができるといいな

 


ふふ…シスター・ミーシャがまたクライドさんの事を“おっさん”なんて
呼ばなければいいけど…

 

 

 

 

 

 

アンタはやっぱり最高の友達だ!…これからもよろしく頼むぜ、相棒!

 

 

……こちらこそ、よろしくお願いします。シスター・ミーシャ


 

 

 

17:00 ブラザー見習い エリス・アーノルド・レイトン comments(0)
Après l'incident

 

あーぁ…めんどくせぇチャリティーパーティーも終わった…。

やっとゆっくり出来るかなぁ…とか思ったのにさ!!!


「良いですか!シスター・ミーシャ!貴方は……」

とか、シスター・セラフィーナの奴が説教始めやがるし…

何だってアタイが怒られなきゃなんねぇんだよ!!


大体、誰のおかげで…!



あ…!そういえば…!

変なライオンみてぇな頭したあのおっさん!!

アイツ結局何だったんだよ!


しかもエリスは…

「その人は僕に用があるんです!」

とか言い出して、挙句の果てにはこっち向かって来るし!


そこにシスター・セラフィーナとシスター・キンバリーが来やがって

何だか訳の分からねぇ事言ってキンバリーの奴があのライオン頭連れてくし…

本当に何だったんだよ…意味わかんねぇ…



にしても…エリスって……


何かあるのか…?


「ちょっと!?聞いてるんですか!?」


おぉ、怖い怖い…ったく仕方ねぇ…

これ以上怒らせねぇタメにも聞いてる振りだけしとっか…


やれやれ…とんだとばっちりだぜ…

17:00 シスター見習い ミーシャ・レニエ・アヴァロン comments(0)
Caritas

 

『人を思う』ということは、とても簡単な事です。



家族、友人、恋人。あるいは初対面の人でも。
何もしているのだろう。

どんなことを考えているのだろう。

好きなところ、嫌いなところ。


人を思うことが「愛」なのだとしたら、
尊敬も、欲求も、時には憎しみさえも「愛」と呼ぶのかもしれません。

 


同じように、相手を強く想う気持ちが「恋」です。
だから「愛」にふれた時、人は「恋」に落ちるのでしょう。

人を想うというのは、とても幸せな事です。
愛して欲しいという気持ちは、誰もが持つ感情です。
大切に想われることは、これ以上ない幸運なのですから。



しかし、思いには形がありません。
ですから、気づかなかったり、間違えてしまうことが多くあります。

よく似た「愛」と「恋」ならば、なおさらです。

間違ったまま押しつけてしまうこともあるでしょう。
気づかないまま拒絶してしまうこともあるでしょう。
そして、それを正しく返すことができないのは、とても辛いことです。


神はいつも、我々を見守ってくださっています。
だから私たちは、どのような状況であろうと、孤独ではないのです。
私は神に仕える身として、悩める者と共に祈りましょう。
それが、私が差し上げることのできる、唯一の「愛」です。



ミスター・ケラー



あなたは独りではありません。

私が、貴方と共に祈ります。


どうか、貴方の人生に、幸多からんことを。

17:00 シスター キンバリー・ジャニス・ヤーノルド comments(0)
reformation

 

金や力だけでどうにかなることが世の中には多すぎる。

そのことが私を勘違いさせたのだろう。推して知るべしだった。

私にはキンバリーが必要だった。当然キンバリーの幸せも願っている。
何不自由無い生活をさせてあげられるはずだ。
その思い込みから他人の幸せを推し量ってしまったのが最大の間違いだった。

思えばキンバリーは、家柄も地位も捨てシスターという聖職を選んだのだ。それは彼女にとっての幸せというものだろう。
なぜこの道を選んだのか聞き忘れた。まあいいか。
人の価値観など量れるはずもないのだ。他人なのだから。
だからこそ、わからないからこそ私たちは思いやれるのかもしれないと今は思える。

私に神はいなかった。自分が神にでもなったつもりだったのか。
財産や身分という虚飾のメッキが剥がれ落ちた今、自分をはるかちっぽけに感じる。
神が見たら笑うだろうか。
いや、だが少なくともキンバリーは笑わなかった。
そんな人を、私は手中にしようとしていのだ。身に余る話だ。
そんな人、だから惹かれていたのかもしれない。

私はどう生きればいいんだ。
父君には悪いが、私にも変革の時が来てしまった。
とりあえず今は、祈ることで答えが見つかるような気がする。
もう一度行ってみるか……今度は拳銃を置いて。

17:00 ゲスト モンティ・アーチボルド・ケラー comments(0)
1/12PAGES >>