| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
Fulfilling Days

 

 

 

 

仰る通り、確かに無謀でした…

 

でも、あの時は必死だったんです

 

 

 

 

額に銃を突きつけられているシスター・ミーシャ

いつ引き金が引かれるのか判らない緊迫した状況なのに

 

 


  …撃てるもんなら、撃ってみな!…ほら撃てよ、撃てってば!!

 

  こうなったら道連れだ!その引き金を引くのと同時に

 

  テメェの喉笛、この手で引き裂いてやる!!

 

 


僕はクライドさんの腕を振り切って、飛び出していた

 

震える手や脚…でもミーシャさんが犠牲になると思ったら勝手に体が動いた

あの一瞬で何もかも覚悟したけれど……

 

 

揉み合って銃を奪うことが出来て…良かった…


シスター・ミーシャが無事で本当に良かった

 

 

 

 

 

せっかくクライドさんが来て下さったのに

 

あの事件の日はたくさん話ができなかったから…

 

今度はもっと話ができるといいな

 


ふふ…シスター・ミーシャがまたクライドさんの事を“おっさん”なんて
呼ばなければいいけど…

 

 

 

 

 

 

アンタはやっぱり最高の友達だ!…これからもよろしく頼むぜ、相棒!

 

 

……こちらこそ、よろしくお願いします。シスター・ミーシャ


 

 

 

17:00 ブラザー見習い エリス・アーノルド・レイトン comments(0)
1/4PAGES >>