| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
Old friends and old wine are best.

 

 

楽しくもあり、穏やかでもあり、でもほんの僅かに忙しい一日が終わった。

秋のチャリティーパーティーの前日、マザー・オフェーリアから

 

「明日のパーティーはブラザー・チャスが仕切ってくださいな」

 

と言われた時は、どうなることかと一時は考えたけど・・・

主のおかげで何とかなったと今は思えてなりません。

 

でも、これはシスター達が協力して成し遂げた結果でもあるんですね。

ああ・・、シスター・ミーシャはまたどこかに行ってしまったようで

シスター・セラフィーナの大きな声が、修道院に響いていましたが

 

そういえば修道院に響いた音

その後、シスター・キンバリーに連れてこられた青年は

今、自らの試練を受けているのですね。

 

彼がやってしまったことは決して褒められるものではありません

しかし、万能なる主はその彼に対して、乗り越えろと仰られていると

私は思いました。

彼のこれから歩む道に、いつまでも光が絶やされぬよう

祈ります。

 

 

ガルト

今日はね、クライドが来たんだよ。

フィーナやコレットと四人で話したのは、昔を思い出したなあ

表向きはミスター・ドーソンと呼んでるし

向こうはブラザー・チャスと呼んでくるし

何だかおかしいよね?

ほかのみんなは今何しているのかわからないけど

こうして会えるのは、主のおかげなのかな・・・

 

ガルト

本当はあの時のみんなに一番会いたいのは

君なんだと思う

でも、今はお互い神に使える身

このアルセーヌがある限り

きっと必ず、あの時のみんなが揃うと

僕は信じているよ。

 

 

17:00 ブラザー チャス・アレクザンダー・オドネル comments(0)
1/2PAGES >>