| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
Pit a Pat

 

チャリティ・パーティからしばらく経ったけれど…

 


思い出してもまだ緊張するし、恐怖を思い出してしまうし、
まだドキドキしてる…!

 


ミスター・ケラーから拳銃を突きつけられたとき
足がすくんで動かなくなって、怖くて仕方がなくて


逃げなきゃ、とか
でももうダメかも、とか
夢なら覚めて、とか

 

お祈りして覚悟を決めていたけれど…

 

 

ふと、いろいろな事が頭を過ぎって…

 


まだこのアルセーヌで何も出来ていない自分がいて
このままだとみんなが危険に晒されてしまうんだと思ったら

 

少しだけ冷静になれて
どうにかしなきゃって思えました

 

 

ようやく逃げられた先にシスター・ミーシャやブラザー・エリスがいてホッとしたけれど
それも束の間


二人とも銃を持ったミスター・ケラーに向かっていくどころか
銃を掴んで奪い合うなんて…!

 


もしかしたら、どちらかがいなくなってしまうかもしれないと思ったら
また、さっきとは違う恐怖が襲ってきて、ゾッとしました…

 


一歩間違えば…なんてこと、考えたくないです…

 


結局、ミスター・ケラーという人は決して悪い人というわけではなく
シスター・キンバリーのことが好きでたまらない人だったということが分かって

少し安心しました…

 

 

 

もうあんなに怖い思いはしたくない…

ううぅ…

 

 


で、でも…

特別なことがない毎日が平和だということを知ったし…


毎日がそういう日じゃなくても

もしかしたらいいのかも…?

17:00 シスター見習い ロビン・ドロシア・ソールズベリ comments(0)
please!! study!!!

 

もう!なんだったのかしらあれは!!

 

シスターコレットにはなんだか重苦しい事情があるようだし……

クライドは挨拶もろくにせず帰ってしまうし……

ブラザーチャスは相変わらずだし……

 

それにクライドとシスターコレットはやたら仲よさそうで…

いや!

私は神にお仕えする身。

それを言えばシスターコレットもそうだわ!

運命の相手に出会ってしまうかもしれないなんて、

シスターはそうあるべきではないのよ…

そう、そう誓ったの……

 

っと、それどころじゃないわ!

 

よりによって神の御前に銃を持ち出してくる不届き者がいるとは!!

シスターミーシャもシスターミーシャだけれど、

あの銃に立ち向かうだなんて馬鹿なことがあるものですか!

ブラザーエリスもそうです!

 

シスターキンバリーは

「シスターセラフィーナ、皆反省しているのです。

神は全てをお許しになります。」

と言っているけれど……

 

んんんんんん〜〜〜!!やっぱり許せないわ!!!

 

シスターミーシャも、ブラザーエリスも、

そしてあのミスターケラーも、

ついでにシスターコレットも、

みんな明日は朝から私のバイブルスタディを受けてもらいます!!!

 

逃げ出すなんて許しませんよ!

17:00 シスター セラフィーナ・アギー・ニコルス comments(0)
My Chest

 

 

 

・・・ああ、今日はなんて刺激に溢れた一日なの!!!!

 

 

 

パーティーっていうだけでも胸がときめくのに、

 

「あの」クライドが、想像以上のいい男に成長して私の前に現れたり、

 

・・かと思えば・・・

 

てっきりゲストだと思っていた色男が、いきなり銃を持ちだして一時はどうなることかと思ったし・・・

 

 

 

そうそう!

 

そんな状況の中で、銃に向かっていっちゃったあのミーシャって子・・・!

 

エロババア発言はぜーーーったいに許せないけれど、あの子 タダモノじゃないわね!!

 

だって結局、私たちみんな あの子のおかげで助かったのよね・・・。

 

・・ホント、猿並の生命力なんだから!!!

 

 

 

・・・そういえば・・・

 

驚いたといえば、ブラザーエリスの行動にもびっくりしたわ。

 

あの時相当な覚悟を決めていたようだったけれど・・・いま思うと、ちょっと不思議な発言だった気も・・・・

 

あれは、なんだったのかしら・・・?

 

 

 

 

・・・あとは・・・・・・・フフッ♪

 

機転を利かせてすぐに男を取り押さえにいった、クライド!!!!

 

なかなかかっこよかったわよねぇ〜〜♪

 

あのヘンな男が私に銃を向けてきたときも、私のこと しっかり守ってくれたし!

 

抱きついたときには、仕立てのいいスーツからほんのりいい香りがしたりして・・・♪

 

しっかり大人の男になったクライドに、なんだかちょっとドキドキしちゃったわ!!!

 

ん〜〜〜♪本当に、刺激的な一日だったわ!!!!!

 

 

 

・・・あーーーぁ!

 

だけど そんなパーティーももうおしまい。

 

あの男も無事にシスターキンバリーの説得でおとなしく投降してくれたし、クライドも帰っちゃったし・・・・

 

明日からまたいつもどおりの地味〜〜〜な生活が始まるのね・・・。

 

 

 

・・・でも、まあ、これでいいのよ!!!

 

「住めば都」・・って言うじゃない?

 

ここでの暮らしが割と嫌いじゃないのは、嘘じゃないのよ。

 

シンプルな暮らしに、質素な食事。とっても健康的だし、ストレスもない!

 

 

いつだってフィーナやチャス、マザーオフェーリアと一緒だし、

 

時には今日みたいに クライドにも、そして、その気になればガルトにだってきっと会える。

 

 

・・・刺激って、たまにあるからイイものなのよ♪

 

 

 

さて、やりかけの仕事を終わらせないと!

 

またフィーナ・・・いえ、シスターセラフィーナに怒られてしまうわね・・・。

 

今日感じたドキドキは胸にしまって、大切に持ち歩くとしましょう♪

 

 

 

フーンフン、フーンフン、フーンフンフンフン、フーンフンフーンフンフーン、フンフンフーン・・・♪

17:00 シスター見習い コレット・トィリャサ・エンダース comments(0)
Impatience

 

主よ、今日は反省の一日でした


シスターとは慈愛深く、寛容であれというのに
シスター・コレットの言葉を全く真に受けず…
いくらお客様が多い日で忙しかったとはいえ
時間の無駄だと判断するのが少し早計過ぎました


いつも誰かしらにどうでも良い事で呼び止められたり
物事があまり速やかに進まなかったり
真面目にやっている私が「せっかち」とか「怒りんぼ」とか言われ
大変不本意なことは多いですが…


時に重要な事も紛れているのですね


その判別がとても難しいのが問題です


シスター・コレットが見掛けたという男性の件も
実在したどころか
あの後何か大きな騒ぎになったみたいで…
きちんと確認してシスター・セラフィーナやマザー・オフェーリアに
報告すべきでした


人の話に耳を傾ける
私にはこれが欠けていたようです


明日から少しは、無駄に思える話も聞いてみようと思います

17:00 シスター見習い ナタリー・シェアー・オーウェル comments(0)
Cheer up !!

 

 

ねぇシスターレミントン!聞いて聞いて!

 

事件よ事件!それもすっごい事件!
なんとシスターキンバリーに片思いした男の人が
銃を持っておしかけて来たのよ!
びっくりよねー!

シスターミーシャが立ち向かっていって
ブラザーエリスも一緒になって止めに入って
かなり緊迫した状況だったみたいよ...

 

それにシスターロビンもね、銃を突きつけられて脅されたみたいで
犯人が捕まった後もしばらく怖がっていたわ...かわいそうに...
あの子っていつも人に対して怯えた態度をとるじゃない?
もしかして、今まで以上に人と接するのが怖くなってしまうんじゃないかしら...心配だわ。
そうだ!シスターロビンをお茶に誘ってみようかしら?
そうよ、シスターレミントンも一緒に三人でおしゃべりするの!
だって嫌なことは人に話した方がいいじゃない?
これから、あの子が人と話すのに少しで緊張しなくて済むように、勇気をあげたいの!
ね!良い考えでしょ?
そうと決まれば話は早いわ!
私、シスターロビンのところに行ってくるから
しばらく待っていてねシスターレミントン!

 

どうかあの子に神のご加護がありますように...!

17:00 シスター シャウナ・ゴールディ・カーク comments(0)
<< 2/12PAGES >>